読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やることなくて暇という感覚がわからなくなって久しい

その時思ったこと プログラマ・プログラミング

プログラミングに出会ってから、やることなくて暇という感覚がわからなくなって久しい。会社員時代は休日出勤もしてたし、家ではあまりプログラミングしなかったけど、それでも買い物行ったり飲みに行ったり、何かしら暇つぶしはあった。

会社をやめてからは仕事とプライベートの境がなくなり、休日も自己実現のためにプログラミングするようになった。頑張らないといけないとか義務感や焦燥感なくプログラミングが楽しいのだ。

特に今、すごくやりたいことがあって、毎日プログラミングしてもやることとがあふれてきて、やってもやっても追いつかない感じだ。自己啓発セミナーとかドーピングはいらない。モチベは自家発電できる。

だからもうやることがなくて暇だという状況は発生し得ない。でもこれってすごく幸せなことなのかも。

在宅プログラマの生産性を上げる日々の習慣

その時思ったこと プログラマ・プログラミング

最近、生活習慣・仕事習慣をこんなふうに意識するようにして、生産性が上がった気がします。

  • 起きてから昼までの4〜5時間くらいは一番頭が働く時
  • この時間に難易度の高いことをやるようにする
  • でも起きてすぐは頭が働かないので、最初の1時間は準備運動がてら、簡単なところから手を付け、徐々に難しいことへ取り組んでいく

  • 昼ごはんは米、パン、麺類など糖分を多く含むものは控える
  • 理由は血糖の上昇で眠くなって集中力が切れるから
  • 代わりに腹持ちする肉類を食べる
  • 朝ほどの集中力はなくなってきているので、簡単な仕事や雑務にシフトしていく

夕方

  • あまりプログラミングはせず、調べ物とかをやる
  • 明日、仕事に入りやすいように、あえて区切りをつけず、やり残しを作っておく
  • 区切りをつけると翌朝どこからやるか悩んで、だらだらネットしがち・・・

全般

  • 買い物へ行く回数を減らすのは効果大!
  • Amazon定期便で日用消耗品を自動で宅配
  • Amazonパントリーも日用品をまとめて安く買えて、翌日には届くのでおすすめ
  • 昼ごはんも宅配弁当などを利用する(ごはんは抜いて夜に食べる)
  • 献立にそった食材宅配サービスもおすすめ
  • 冷凍食品まとめ買い
  • これで外に出る回数が減って仕事に集中できる時間が増える

20代で勘違いして30代で迷走したこと

その時思ったこと

学生時代はたいして勉強できなかったけど、プログラミングの楽しさに目覚めて、20代は充実した仕事人生を送れた。そして30代。希望に満ち溢れていたはずが迷走し、多くの時間を浪費し、ぱっとしない仕事人生を送るはめになった。

以下、とあるプログラマンの勘違いと迷走の30代実録。

  • 学生時代は落ちこぼれだったけど、今の俺なら何でもできるんじゃね?
    • とりあえず英会話教室へ行ってみたが、たいして語学力上がらず
  • 若い人のためにプログラミングを教えよう
    • 小学校の時からプログラム始めました!って子がいて、教えることないし勝手に育つと思ったし、自分が勉強しないと居場所なくなると戦慄した
  • プロブロガーが副業がてら月収30万?自分だって面白いこと書く文才あると思うしいける
  • アフィリエイターが月収100万?成果報酬型アフィリエイトが儲かる?俺もやる!
    • ブログ以上にぜんぜんだめ。A8のランクでブロンズセイントにもなれず

もろもろあって気がついたこと。ただゲームを作りたくてプログラミングに没頭し、あこがれだったゲーム会社に入って、20代はただ好きな仕事をしていただけだった。好きだからスキルを伸ばせた。好きだから充実していた。

身の程知らずの凡人が多才だと勘違いであれこれ手を出して迷走した。今思うことは好きなことに一点集中するべきだったということだ。

ヘビーユーザーじゃないけどEvernoteプラスに課金しています

その時思ったこと

数カ月前に無料アカウントは同期端末が2台までとなり、Evernoteに見切りをつけたユーザーもいて、終わりの始まりなど叩かれていました。でも自分はそう悩まず無料ユーザーから課金ユーザーになりました。プレミアムではなく廉価版課金プランのプラスのほうですが。年間3,000円ほどです。

自分はそこまでガッツリEvernoteを使っていませんが、やっぱり端末数制限なく同期できる機能は失いたくなかった。書き込みを行う自宅のPC、ノートPC、閲覧用のスマホ。どう考えても最低3台の同期は必要だった。

他のサービスへ移行するために、今までEvernoteで書き溜めた内容を移管する作業も時間の無駄だと思ったし、素直に課金することにしました。年3,000円くらい払って移管のコストがなくなるならその方がいいと思いました。

課金ユーザーになったことでEvernoteの使い方を見直しました。ヘビーユーザーでない自分はもっとシンプルに使うことにしました。

基本は1つのノートブックへノートを作る。ノートブック分類はしない。あとで検索すれば出てくるし分類を怠ってもあまり不便はない。余裕があればタグをつけておくくらいで十分。

外で思いついた事はスマホで表題なしでメモってもいい。検索すれば出てくるから。写真内の文字も検索できるから、文字を含む気になることは写真に撮るだけでいい。

年3,000円くらいで、これらのことができるなら、安いと思いました。少なからずも課金していると、まじめに使う気持ちになったのも良かったのかも。

Evernoteの登録はこちら

地域の個人経営の飲食店にスポットを当てたい

三重県・地域活性 その時思ったこと

飲食店は個人経営のお店こそ、その個性から差別化や付加価値を出せると思う。個人経営の飲食店にスポットが当たり、そこに人が流れるようになれば、地域に特色が出て活性につながると思う。しかし、個人経営の飲食店がアピールしていくのはなかなか厳しい現状がある。

グルメサイトへの掲載

  • 掲載料は個人店でも払える金額ではある
  • ウェブやPCにある程度強くないとハードルが高い
  • 導入しても日々の業務に追われて更新している隙がない
  • でも更新しないと検索順位が上がらず無数の店舗に埋もれる
  • 結局、個人店では運営が難しい

地域のフリーペーパーへの掲載

  • 紙面の前の方で枠が大きく宣伝効果が高い場所への掲載ほど高額
  • 紙面の後ろの方の小さい枠は安価だが宣伝効果は薄い
  • 運営サイドも地域活性化したい意志はあるが、ビジネスである以上、運営していくにはお金払ってくれるお店を優先せざるを得ない
  • 結局、資本力のある飲食店が前に来て、個性的な個人店は目立たない
  • しかも紙なのでウェブと違って永続的な宣伝効果はない
  • 個人店にとって集客効果は薄い

facebookページの運営

  • 個人店経営者も働いている人も、個人アカウントで地域の人とつながっていて、情報伝達しやすい
  • しかも無料
  • でも宣伝目的で知人のタイムラインを汚すのは気が引ける
  • やっぱり更新する時間がない

総括するとこうなる

  • 個人経営の飲食店には宣伝にかける資金力がない
  • 個人でやってるから日々の仕事に追われて宣伝に割く時間もない

でも、こういうところこそ、自分のようなウェブやアプリに知識のある個人が切り込んでいく領域だと思うんですよね。今、種まきの最中。うまくいったら住んでいる以外の地域活性のためにもノウハウをシェアしたい。というか、そこまでいきたい。

 

地域活性化の鍵はマイクロ法人とクリック報酬型広告にあり?

三重県・地域活性 その時思ったこと

ある程度の優秀な人材が集まらないとできない事は地方都市では難しい。流通しているマネーも少ないから、地域の行政や企業相手にマネタイズするのも難しい。

とはいえ、ネットインフラの整備により地方でも仕事がしやすくなったのは事実。さらにクラウド環境の発展により、従来よりコストを低く少ない人材でできる範囲は広がったのも事実。

マネタイズも地方の行政や企業相手に行うのではなく、アフィリエイトを通じて地域の外、日本全国からマネーを流入させることもできる。コンテンツを作る力があれば。海外向けにコンテンツ提供できるなら、海外のマネーも流入できる。

ちなみにアフィリエイトはクリック報酬型を選択したい。成果報酬だとそれを売る記事を書くために、ステマも辞さない方向になりかねないから。クリック報酬型の方が多くのユーザーに支持される優良なコンテンツを作る方向を目指すことになる。

規模が大きいことや画期的な事をやるためには、人材もお金も必要。これは東京にいないと難しい。しかし地域活性は必ずしも規模や画期性が必要なわけではないことも多いと思う。

日本全国どこも風土と歴史がある。コンテンツになるネタはたくさん埋もれているはず。地域活性の鍵はマイクロ法人がネットインフラ、クラウドを活かした低予算での機動力かもしれない。

コケても膝をすりむく程度のダメージで済むのなら、とりあえず挑戦してみよう。

観光名所の伊勢神宮がある伊勢市駅近辺の現状

三重県・地域活性

伊勢市駅から伊勢神宮・外宮まで徒歩5分程度。駅から外宮まで整備された参道があって、お店が並んでいます。おかげ横丁のある内宮のほうが人気ですが、駅から徒歩で参拝できるアクセスの良さもあって、観光客も絶えないようです。

そんな伊勢市駅の視察に行ってきました。

  • 駅周辺にビジネスホテルはあまりない。なぜかゲストハウスは多い
  • 21時過ぎると参道にほとんど人はいない
  • タクシー会社は0時には営業終了。24時間やってる会社もあるが2台程度しか回ってない
  • 観光客は鳥羽や賢島の旅館に泊まり、旅館内で食事する人が多い
  • 駅周辺の複数の個人店に聞いたところ、観光客の来店は1割程度。参道近くの店でも2〜3割。ほとんどは地元の常連さん

f:id:eimei23:20160815192035j:image

お盆の夜9時の参道。お店には人が入ってますが、歩いてる人はほとんどいません。

 天下の伊勢神宮があるのに!?と衝撃的な話ばかりでしたが、それゆえチャンスが眠ってる気もしました。

ちなみに年末、駅前に三交インという三重県各地にあるビジネスホテルがオープンするようです。これで宿泊客も増えると周辺のお店にお客さんが流れるかもしれませんね。

f:id:eimei23:20160815191651j:image

参道沿いのワインバー ポニ・アネラ。店内から参道を見下ろせます。

伊勢市駅周辺はポツポツですが個人店があって、食事もおいしくておすすめです。カウンターでマスターと地元の話に興じるのも楽しいと思います。日曜日営業のお店も割とあって、週末観光も行きやすいと思います。

f:id:eimei23:20160815191623j:image

伊勢うどんもいただきました!また行きたいです。